「アンタッチャブル」という映画について

アンタッチャブルという映画

アンタッチャブルのオープニング

一人の男が何人もの人間に囲まれながら接客されている。

髭剃り、靴磨き、爪とぎ等。

この男はギャングの大物であるアル・カポネ。

禁酒法時代に酒の密造や密輸によりのし上がった男だ。

接客されている部屋には記者も数人おり、アル・カポネにいろいろと質問していた。

「俺は酒が欲しい奴がいるから売っているんだ」

ある店では、酒のことで揉めている亭主と男がいた。

話は決裂し男が去っていった後、もう一人の男も去るのだが、その男がカバンを忘れていることに少女は気づいた。

カバンを持ち届けようと声を掛けた瞬間、カバンは大爆発を起こし、お店が吹っ飛んでしまう。

スポンサーリンク

映画の感想

この映画は私の好きな俳優が何人も共演しており、とても豪華な映画となっています。

特にロバート・デ・ニーロが私は好きで、あの圧倒的な存在感はこの映画でも健在です。

映画の内容を簡単にいうと、「ギャングと正義の警察の戦い」です。

単純明快な内容の映画ですが、上から下まで汚職にまみれた警察の中で、ギャングの脅しにも負けずに正義を貫こうと思う男たちの戦いはカッコいいです。

また、現在とは時代背景が全く異なる昔ですが、建物、服装、趣向品、銃などを見ていると、逆に新鮮味を感じます。

主役はケビン・コスナーですが、ショーン・コネリーとロバート・デ・ニーロの演技がうますぎて主役よも存在感があるため、主役を喰っちゃいそうになっている映画です。

さすが、大物のショーン・コネリーとロバート・デ・ニーロです。

つまり、この映画は、主役が何人も登場するけど、互いの主張が上手く混じりあったすばらしい映画だということです。

「アンタッチャブル」はずいぶん昔の映画になりますが、現在の映画と比べてもまったく見劣りのしない映画で、よい映画はいつになってもよい映画だと感じさせられます。

なお、この映画は事実とは異なりフィクションです。

出演者などの情報

ジャンル
  • ヒューマンドラマ
こんな人におすすめ 禁酒時代のギャングと警察の抗争を見たい人
公開年 1987年
主な出演者
  • ケビン・コスナー
  • ショーン・コネリー
  • ロバート・デ・ニーロ
  • アンディ・ガルシア
監督 ブライアン・デ・パルマ
(Visited 5 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする