「ショーシャンクの空に」という映画について

ショーシャンクの空に

ショーシャンクの空にのオープニング

銀行に勤めているアンディ(ティム・ロビンス)は、ひょんなことから自分の妻と、妻の不倫関係にある愛人を射殺した罪に問われ、無罪を主張したが裁判の結果、終身刑の判決が下り、ショーシャンク刑務所で服役することが決まる。

刑務所にはレッド(モーガン・フリーマン)という、ショーシャンク刑務所で、塀の外から物資を調達する調達屋である囚人がおり、アンディが調達を依頼するところから2人の人間関係が始まる。

そして、そこから2人を中心に、囚人、看守、所長など、ショーシャンク刑務所に携わる人たちの、さまざまな人生が映し出されていく。

スポンサーリンク

映画の感想

この映画は、私が一番見てほしい映画です。

私が「人生で1本しか映画を見てはいけない」と言われた場合、まちがいなくこの映画を選びます。

映画のヒューマンドラマとしてのストーリーの構成も素晴らしいのですが、最後には「そういうことだったんだ」と驚かされる意外性もあります。

そして映画が終わったときに清々しい気分になれます。

これから見る人は、絶対にインターネットなどでストーリーのすべてを見ないでください。見ないほうが絶対に面白いです。

映画自体は、濃厚なヒューマンドラマで、希望を持つことの素晴らしさを教えてくれます。

そして、人生には乗り越えなければならない壁があり、その壁をあきらめずに乗り越える勇気と、あきらめなければ壁は乗り越えられることを教えてくれる映画です。

映画の終盤に出てくる「必死に生きるか、必死に死ぬか」というセリフは、映画を見ていると言葉の重みを感じるとともに、自分の人生を考えたときに考えさせられる言葉だと思います。

出演者などの情報

ジャンル
  • ヒューマンドラマ
こんな人におすすめ 自分の人生に希望と勇気を与えてほしい人
公開年 1994年
主な出演者
  • ティム・ロビンス
  • モーガン・フリーマン
監督 フランク・ダラボン
(Visited 183 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする