グレイテスト・ショーマンという映画について

グレイテスト・ショーマンのオープニング

「いよいよ開演の時は来た」

一人の男が歌を歌いながら舞台に歩き出す。

舞台にはたくさんのエンターテイナーがいて、ショーが動き出した。

地上最大(グレイテスト)のショーの開演だ。

めくるめくエンタテインメント。太陽にも止められない。目撃せよ、酔いしれよ。地上最大のショー!

男は酔いしれ歌を歌っていたが、周りを見渡していると誰もいなくなってしまった。

そして、気が付くとショーウィンドウに立っている一人の少年がいた・・・

スポンサーリンク

映画の感想

この映画は、19世紀に実在し活躍した興行師、P・T・バーナムを描いたミュージカル映画です。

映画自体はストーリーがどうこうというものではなく、映像と音楽が面白い!という映画です。

ストーリーは、不幸な生い立ちの主人公が栄光と挫折を味わいながら本当の自分を見つけるという、ありきたりなお話。

しかし、映像と音楽が素晴らしいです。

私は見ていてワクワクして、画面に釘付けになってしまいました。

「ミュージカルにあまり興味がない」「ミュージカルはあまり好きでない」という人でも楽しんで見れる映画だと思います。

私もあまりミュージカルは好きではないのですが、楽しく見ることができました。

映画の「ラ・ラ・ランド」「レミゼラブル」より、こちらのほうが私は面白かったです。

出演者などの情報

ジャンル
  • ヒューマンドラマ
  • ミュージカル
こんな人におすすめ ワクワクして楽しい気分になりたい人
公開年 2017年
主な出演者
  • ヒュー・ジャックマン
  • ザック・エフロン
  • ミシェル・ウィリアムズ
  • レベッカ・ファーガソン
監督 マイケル・グレイシー
(Visited 36 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする