「シンドラーのリスト」という映画について

シンドラーのリスト

シンドラーのリストのオープニング

1939年、ポーランドはドイツ軍により占領されていた。

ナチス党の党員であるドイツ人実業家のオスカー・シンドラー(リーアム・ニーソン)は、ひと儲けしようとポーランドにやってきた。

そんななか、シンドラーはユダヤ人会計士のイザック・シュターン(ベン・キングスレー)を雇い入れ事業への出資者を募り、潰れた工場を買い取りそこで事業を展開すると同時にドイツ軍幹部に賄賂を渡して、企業家として成功していく。

そんなあるとき、シンドラーはユダヤ人が集められているゲットーという居住区からユダヤ人の労働者を無償で働かせていたが、プワシュフ強制収容所が作られたことにより、ゲットーが解体されることになる。

シンドラーはどうすべきか考えているところに驚くべき光景を目にすることになる。

それは、ドイツ軍がユダヤ人を虐殺している風景であった。

悲鳴や銃声も響き渡りこの世のものとは思えない。

こうして、オスカーの心にはある変化が生まれることになる。

スポンサーリンク

映画の感想

この映画の主人公であるオスカー・シンドラーという実在の人物を主人公にした作品です。

この映画は、最後のシーン以外すべて映像がモノクロなのですが、モノクロであるため、より一層映像に深みと時代感を与えています。

ユダヤ人を人と思わず、まるでウサギを狩猟するかのようにナチスが殺すシーンや、殺されないように必死に生き抜こうとするユダヤ人の行動がとてもリアルに撮影されており、とても心に残ります。

そして、シンドラーが最初はお金儲けしか考えていなかったのですが、徐々に「人間の命」の尊さに気づき心変わりしていく模様がよく描かれています。

人間の『心』と『命』について本当に考えさせられる映画です。

出演者などの情報

ジャンル
  • 戦争
  • ヒューマンドラマ
こんな人におすすめの映画 ナチスのホロコーストの悲惨さを知りたい人
公開年 1993年
主な出演者
  • リーアム・ニーソン
  • ベン・キングズレー
  • レイフ・ファインズ
監督 スティーヴン・スピルバーグ
(Visited 21 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする