「ナショナル・トレジャー」という映画について

ナショナル・トレジャーという映画

ナショナル・トレジャーのオープニング

1974年のアメリカ、嵐の夜に1人の少年が倉庫となっている部屋で一つの本を見つける。少年が振り返ると祖父が立っており、こんなところに来てはいけないと注意をする。しかし、それと同時に、少年に「お前も大きくなった」と言い、ある話を始めるのだった。
「それは1832年のことだった。それは今夜のような夜だった・・・」

スポンサーリンク

映画の感想

簡単に言うと「宝探し」の映画です。宝のヒントがありそのヒントを解くとまた新たなヒントが現れる。

そうやって一歩一歩宝に近づいていくという映画が、このナショナル・トレジャーです。「インディージョーンズ」のアクションと「ダヴィンチ・コード」の謎解きを合わせた映画で、私はとても楽しく見ることができました。

謎が多いテンプル騎士団やらフリーメイソンもストーリーに絡んでいます。そのため、現代の宝探しがミステリアスになり、より一層、この映画を楽しめるようになっており、変な映画のようにダラダラと長ったらしい映画でなく、テンポよく話が進むので、眠くならずに終わるときまで目がパッチリです。

こういう映画を見ると、「世界にはまだ発見されていないすごい財宝があるのかも」と、なんだかワクワクさせられます。

出演者などの情報

ジャンル
  • ミステリー
  • アドベンチャー
こんな人におすすめ 歴史を絡めた宝探しの謎解きを楽しみたい人
公開年 2005年
主な出演者
  • ニコラス・ケイジ
  • ダイアン・クルーガー
  • ショーン・ビーン
監督 ジョン・タートルトーブ
(Visited 33 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする