「ミリオンダラー・ベイビー」という映画について

ミリオンダラーベイビーという映画

ミリオンダラー・ベイビーのオープニング

2人の男がボクシングで殴り合っている。

ゴングが鳴り、名カットマンであるフランキーは止血に必死になっていた。

ドクターからは「あと1ラウンドだけ許す」と言われ、最後の戦いにビッグ・ウィリーは最後の戦いに赴く。

そして勝利した。

1人の女性が観客席に現れ試合を観戦していたのだが、試合後にフランキーの前に現れ「私のトレーナーになって」と告げる。

しかし、フランキーは「女は断っている」と告げると、足早に立ち去ってしまうのであった。

スポンサーリンク

映画の感想

この「ミリオンダラー・ベイビー」という映画は、人生を考えさせる映画となっており重いテーマのため、映画の評価は個々にわかれると思う映画です。

ストーリー自体はそれほど目新しい内容ではなく、想像ができる内容なのですが、人間の心境を非常にうまく表現しているので特別な映画となりアカデミー賞を受賞したのでのではないでしょうか。

ボクシングに係る人を通して、人生の「後悔」「夢」「幸福」などを考えさせるような内容となっているので、ボクシングに興味がない人でも十分に楽しめます。

むしろボクシングを見たい人は「ロッキー」を見たほうがよいです。

最後のシーンは特に印象的で、「自分がそのような状況になってしまったときはどのような選択をするのだろうか」と、心と体の問題を深く考えさせられました。

出演者などの情報

ジャンル
  • ヒューマンドラマ
こんな人におすすめ 人生の過酷さや人
公開年 2004年
主な出演者
  • クリント・イーストウッド
  • ヒラリー・スワンク
  • モーガン・フリーマン
監督 クリント・イーストウッド
(Visited 3 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする