「マトリックス」という映画について

マトリックス

マトリックスのオープニング

大手ソフトウェア会社に勤めるトーマス・アンダーソン(キアヌ・リーブス)は、普通のプログラマとして働いていた。

しかし、トーマスの裏の顔はコンピューター犯罪を巻き起こす天才ハッカー「ネオ」だった。

ことになる日々の生活を何事もなく過ごしているトーマスは、ここ最近になり不思議な感覚に陥ることがある。

それは「目が覚めているのに夢を見ているような感覚」だった。

そんなあるとき、トーマスに「起きろ、ネオ」「マトリックスがみている」という謎のメールが送られてきた。こうしてトーマスは、真実に向かって走り出すことになる。

スポンサーリンク

映画の感想

この映画の見どころは何といってもアクションです。

香港映画で見かけるワイヤーアクションを採用しているのですが、そのため普通の人間ではできない動きが可能になっています。

そして、これに加えてCGをうまく活用しているのでかなり斬新な人間の動きとなっており目が離せません!アクションシーンはとてもスタイリッシュで、黒のロングコートをなびかせながら戦うシーンは、「かっこいい」の一言に尽きます。

さらに、バレットタイムという撮影方法も取り入れており面白い映像を見ることができます。

ストーリーについてですが、意外性があり世界観が壮大なので私はとても面白いです。

ただ、私は昔に小説だか映画で似たようなものを見たことがあるので、独創性に若干欠けているかなと思いました(こんなことを言っていますが、私は5回くらい見ています)。

この映画は、ストーリーも意外性がありアクションも楽しめるので、1度は見てほしい映画です。

ちなみにマトリックスは3部作になっているのですが、私は1作目のマトリックスが一番好きです。

出演者などの情報

ジャンル
  • SF
  • アクション
こんな人におすすめの映画 斬新なアクションと映像が見たい人
公開年 1999年
主な出演者
  • キアヌ・リーブス
  • ローレンス・フィッシュバーン
  • キャリー=アン・モス
  • ヒューゴ・ウィーヴィング
  • ジョー・パントリアーノ
監督
  • ラリー・ウォシャウスキー
  • アンディ・ウォシャウスキー

(Visited 378 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする