「マッドマックス 怒りのデスロード」の映画について

マッドマックス 怒りのデスロード

マッドマックスのオープニング

世界は核戦争が起こり生活環境は劣悪を極めた。

文明は崩壊し、荒廃した世界で人は水と石油等を奪い合っていた。

そんな世界で、砂漠の中をマックス(トム・ハーディ)は、あてもなく愛車のインターセプターを走らせながら彷徨っていた。

救うことができなかった家族の幻覚を見たり幻聴を聞いたりしながら。

そんなとき、突如として武装集団の襲撃に遭いマックスは捕獲されてしまう。

捕獲されたマックスと愛車のインターセプターは、とある砦に連れていかれるのであった。

映画の感想

この映画の世界観はとにかくぶっ飛んでいます。

キャラの濃い野郎がたくさん出てきて、絶対に脳裏に焼き付くキャラが見つかるというインパクト大の映画です。

映画内容はいたってシンプルで、とにかく爆破シーン、音楽、カーアクションなどで映画を見ている人を釘付けにします。

一世を風靡した漫画で、「北斗の拳」というのがあるのですが、この漫画とキャラや時代の設定等が似ていると言えば、一発で「あんな感じか!」とわかる人にはわかると思います(残念ながら、さすがに北斗神拳などの拳法は出てきません)。

ちなみに、昔にメル・ギブソンが出演していたマッドマックスが3作あるのですが、もし、この映画を気に入ったなら過去の作品も見る価値は絶対にあります。

ただし、世界観がぶっ飛ぶのは2作目からで、1作目はぶっ飛んでいないのでご注意を。

昔、バイクに乗っていたい人なら、メル・ギブソンが出演していたマッドマックスを見たことはなくても、この映画により流行った「マックスターン」というのをご存知かもしれませんね。

出演者などの情報

ジャンル
  • アクション
こんな人におすすめの映画 何も考えずにぶっ飛んだ世界を堪能したい人
公開年 2015年
主な出演者
  • トム・ハーディ
  • シャーリーズ・セロン
  • ニコラス・ホルト
監督 ジョージ・ミラー

(Visited 12 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする