「火垂るの墓」という映画について

火垂るの墓

火垂るの墓のオープニング

第2次世界大戦の最中、父親は海軍大佐のため戦地で戦っているので、14歳の晴太は4歳の節子と母親の3人で生活していた。

そんななか、晴太たちが暮らしていた神戸では大空襲に見舞われてしまい、晴太と節子は先に家から出た母親と焼夷弾による炎のためはぐれてしまう。

一夜明け神戸の街を見ると、神戸の街はあたり一面焼け野原となっていた。こうして晴太たちは母親を探すために避難所となっている学校に向かうのだった。

映画の感想

この映画は結末を最初に見せて、その後に結末に至るまでの経緯を時系列的に見せるストーリー構成になっています。

そのため、最初に結末だけを見るとそれほど何も感じないのですが、すべて見終わった後には本当に心が痛み、いろいろなことを考えさせられます。

戦争中から終戦までの日本がどういう状況だったのかを主人公である晴太を通して描かれている映画で、映画の最後には涙が出ます。

私は映画を見て涙を流すということはほとんどないのですが、この映画は泣きました。

個人的には、学校の教育で「戦争の悲しさを教えるためにこの映画を見せるべき」と思っているくらい、本当によい映画だと思っています。

晴太が、戦争に巻き込まれながらも節子(妹)と必死に生き抜こうとしている姿と、子どもであるがゆえのわがままぶりや誰かに甘えたいけど甘えることができないつらさなどの気持ちがうまく描写されており、それがより一層、戦争の悲惨さを強調しております。

特に私と同じような戦争を知らない世代は、絶対に一度は見るべき映画だと思います。

出演者などの情報

ジャンル
  • 戦争ドラマ
こんな人におすすめの映画 戦争の悲しさを知りたい人
公開年 1988年
主な声優
  • 清太 辰巳努
  • 節子 白石綾乃
監督  高畑勲
(Visited 20 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする