「シン・ゴジラ」という映画について

シン・ゴジラ

シン・ゴジラのオープニング

東京湾で漂流している船がいるとの報告が入った。

「海上保安庁巡視艇PC16はまなみ」は、さっそく操作すべく船に向かった。

船の名前は「グローリーマル」。

船内を調査してみるが船員は見つからない状況。

そのとき、突如爆発のようなものが起こった。

東京湾羽田沖で大量の水蒸気が噴出したようだった。

時を同じくして東京湾アクアラインでもトンネル崩落事故が発生した。

場所は変わり総理官邸。

総理官邸ではこれらの情報が入っており、これら一連の事件について話し合いが行われようとしていた。

スポンサーリンク

映画の感想

今までのゴジラとはまったく異なるゴジラが出現した楽しませてくれた映画です。

某会社のCMでゴジラが出ていましたが、そのCMのように背中から熱線を出しまくって、ビルやら飛行機やら、とにかく破壊しまくります。

口以外から熱線が出るのです。私にとっては破壊力や見た目を考えると、今までで一番かっこいいゴジラです。

ちなみにキャストが超豪華です。

主な出演者で書いた人はほんの一部です。

ものすごい数の人が出演しているので探してみてください。

この映画を見て感じたことは、今までのゴジラ映画はストーリーはわかりやすい内容となっており、考えさせるようなゴジラ映画はあまりありませんでした。

しかし今回は、政治を絡めてストーリーが作られており、「災害」「立法」「外交」など、さまざまな現実問題をどう対処していくのかを組み込ませているので、いままでのゴジラ映画にはない面白みのあるストーリーとなっています。

この映画を見ると、「もしゴジラが出現したらこんなふうになるんだな」「日本政府の災害対応がなぜ遅いのか」ということがわかるのではないでしょうか。

映画自体はとても面白いのでとくに不満はないのですが、あえて一つ不満を言うなら、「都内から離れた立川市まで映画に出たんだから、もう少し広げて八王子市も映画に出してほしかった」ということでしょうか。

出演者などの情報

ジャンル
  • SF映画
こんな人におすすめの映画 ニューゴジラとモンスターの災害を見たい人
公開年 2016年
主な出演者
  • 長谷川博己
  • 竹野内豊
  • 石原さとみ
  • 大杉漣
  • 野村萬斎
監督 庵野秀明
(Visited 7 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする