「ブレイド」という映画について

ブレイドという映画

ブレイドのオープニング

一人の男がナイトクラブに来た。

その男は会場に入ると音楽に合わせ楽しもうとしていた。

そんなとき、何か頭上から垂れてくるのを感じて手を見ると、たしかに何かが垂れてきていた。

ふとDJに目を向けると壁に「血のシャワー」と書かれている。

そしてスプリンクラーから大量の血のシャワーが降り注がれ、会場にいる者たちはそれを浴びながらハイテンションになり踊っている。

男がパニックになっているところに会場の者たちが襲ってきた。

そんななか、黒ずくめの男が静かに立っていた。

スポンサーリンク

映画の感想

ブレイドはアメコミの先駆けとなっているような映画です。

私はアメコミの映画はあまり好きではありませんが、この映画のアクションが単純に好きで気に入っています。

とにかくブレイド(ウェズリー・スナイプス)の剣さばき・カンフーとしぐさがいちいちかっこいいです。

問答無用で敵であるヴァンパイアを消滅させていく姿がかっこいい。

私は、この映画でウェズリー・スナイプスが好きになりました。

話の内容は、主人公がヴァンパイアを退治していくという単純明快な内容。

ただ、ヴァンパイアの血液について科学的に触れている部分もあり、「もしかしたらこんな人種が世の中にいるのかも」と思わせるなど、単純明快なストーリーの中に現実を考えさせる要素もあります。

シリーズ化している映画なので、この映画を気に入った人はブレイド2、ブレイド3も見てください。

出演者などの情報

ジャンル  アクション
こんな人におすすめ  かっこいい剣さばきのアクションを見たい人
公開年 1998年
主な出演者
  • ウェズリー・スナイプス
  • スティーヴン・ドーフ
  • クリス・クリストファーソン
監督 スティーヴン・ノリントン
(Visited 1 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする