「バック・トゥ・ザ・フューチャー」という映画について

バック・トゥ・ザ。フューチャー

バックトゥザフューチャーのオープニング

カリフォルニア州ヒルバレーに住むマーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス)は、変わり者の科学者で通称ドクと呼ばれているエメット・ブラウン博士ととても仲が良かった。

あるときドクは、デロリアンDMC-12という車を改造してタイムマシンを作ったので、マーティを連れてショッピングモールの駐車場で実験を行ったすると実験は見事成功。

喜んでいた2人だったが、突如そこに謎の集団が現れドクは殺されてしまう。

実はドクはデロリアンの燃料であるプルトニウムを調達するためヤバい人たちを騙していたのだ。
マーティは殺されないためにデロリアンを無我夢中で運転する。こうして気が付くと、マーティは30年前にタイムスリップしてしまったのだった。

スポンサーリンク

映画の感想

ひと昔前に一世を風靡した映画で、特に1980年~1950年くらいの生まれの人には、この映画を知らない人を探すほうが難しいのではないか?と思うくらい有名な映画です。

バック・トゥ・ザ・フューチャーは全部で3作品あるのですが、私は1作目のこの映画が一番好きです。

1985年当初からこの映画にはワクワクさせられてとても面白かったのですが、今見ても面白さは色あせずとても楽しく見ることができます。

映画はSF映画なのですが、ストーリー自体はお笑いの要素も入っており、マイケル・J・フォックスがとてもコミカルに役を演じているため、暇をしない映画となっております。

ちなみに、映画で登場するデロリアンという車ですが、この車は実在する車で、デロリアン・モーター・カンパニーから発売されていました。

出演者などの情報

ジャンル
  • SF
  • アドベンチャー
こんな人におすすめ コメディでユーモアがあるSF映画を見たい人
公開年 1985年
主な出演者
  • マイケル・J・フォックス
  • クリストファー・ロイド
監督 ロバート・ゼメキス
(Visited 24 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする