300 〈スリーハンドレッド〉という映画について

スリーハンドレッド

スリーハンドレッドのオープニング

スパルタの戦士であるディリオスは語りだした。

岩場で赤ん坊が抱きかかえられ体に異常がないか調べられている。

スパルタでは体に問題があると育てることを放棄されるのだ。

こうして健康な子どもが幼いころから軍事教育を受け、300年にわたり世界最強の兵士を生み出してきた。

王であるレオニダスも例外ではない。

幼少期から30年の月日が経ち、ペルシアの王であるクセルクセスからの使いがレオニダス王のもとに現れた。

ペルシアの使いは「土と水を差しだせ」と言う。

すなわち「戦わずに降伏しろ」ということだ。レオニダスは周りを見渡し王妃ゴルゴを見つめた後に答えを出した。

映画の感想

まず最初に言うことは、首や腕が切り落とされたり血しぶきが飛び散ったりと、けっこうすごい映像が出るので、そういうのが苦手な人は見るのを控えたほうがよいです。

R15+指定になっています。

ただ、戦争のリアリティーや剣と盾で戦う勇敢な戦士を見たいと思っている人にはおすすめです。

この「300 〈スリーハンドレッド〉」の内容をざっくりというと、ギリシアのスパルタ王レオニダスがクセルクセス率いる100万という大軍のペルシャ軍をたった300の兵士で戦うというお話。

とにかく戦闘シーンは見応えがあり、訓練された戦士の戦い方は「かっこいい」の一言に尽きます。

音楽が臨場感を盛り上げるような音楽なのでドキドキするし、映像が血と汗のにおいが伝わってくるような映像なので、現場で見ているような感覚になります。戦士の戦いが好きな人はぜひ見てください。

ちなみに余談ですが、よく厳しいことをすると「スパルタ教育」と言いますが、このスパルタの由来は、この映画に登場する戦士たちが受けている教育制度で、今では考えられない過酷な内容だったそうです。

そのため、厳しい教育のことをしていた場所の名前にちなんで「スパルタ教育」というそうです。

出演者などの情報

ジャンル
  • アクション
  • 戦争
こんな人におすすめの映画 かっこいい戦士の戦いと勇敢さを見たい人
公開年 2007年
主な出演者
  • ジェラルド・バトラー
  • レナ・ヘディ
  • デビッド・ウェナム
監督 ザック・スナイダー
(Visited 178 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする